分かる解ける英文法 評判

ジグソーパズルのイメージで、英文法が特に苦手で勉強法にも困っている人中上級者向けの教材

分かる解ける英文法,評判,口コミ,TOEIC

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』という教材があります。
「1年でTOEIC900!」というのが本当かどうか信じられないけど、効果があるならやってみたいと思ったことでしょう。

 

私もその一人でした。

 

本当に、「分かる!解ける!」のか?
本当に、スコアが伸びるのか?
英文法が苦手で勉強が続かなかった自分にもできるのか?

 

そこで、さっそく評判を確かめてみました。

 

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』の作者は?

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』作者、鈴木拓さんは、通信簿2・偏差値30というところから、1年でTOEICスコア900を達成し、その後満点の990まで上り詰めた人ということです。本当ならすごいな〜。

 

いったいどんな人なのでしょうか?

 

ここに載っていました↓
中学時代の通信簿2でも1年でTOEIC 900!

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』の作者・鈴木拓さんは、ご自分の体験を元に、総計24000人以上に英語を教えてきた方だそうです。
メールマガジンも毎日発行されている、ということで、さっそくメルマガも購読開始。まぐまぐというメールマガジン配信スタンドで、殿堂入りをしているそうです。総計15万人以上が読んでいるメルマガなのだそう。

 

1年でTOEIC 900! 英JOY ダイジェスト版

 

そして、この『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』は、話によると10年近く売れ続けている教材なんだそうです。おお〜なんだかよさげですね♪
私もさっそく、登録してメルマガ購読開始。

 

メルマガを読んで分かったのですが、鈴木先生の文法理解法は、頭にきっちりイメージ付けをするために、ジグソーパズルのような図を使っています抽象的なことって覚えづらいですが、図になっていると一気にわかりやすくなります。英文法を図で表すというのは、なかなか斬新なアイデアですね。
図というのは、こんな感じです。

 

分かる解ける英文法,評判,口コミ,TOEIC

 

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』受講者の口コミは?

 

なんだかよさそうなのはわかりましたが、実際に受講した人はどのくらいの効果を上げたのでしょうか?

 

調べたところ、次のようなスコアアップの体験談が載っていました。

 

Mさん
リーディングセクションスコア250→365にアップ
トータル655→745         

Kさん
リーディングセクションスコア420点
トータル630→780にアップ   

Hさん
リーディングセクションスコア235→335にアップ
トータル520→695にアップ         

Tさん
トータル660→785にアップ        

 

これを見るとわかりますが、たいていの受講者さんは、500〜600点台で受講を始めているようです。
もう少しスコアが高い人も参加しているようです。
ですから、この講座は中上級者向けと言っていいでしょう。

 

 

その他、感想で多かったご意見は、以下のようなものでした。

 

 

時間的にも1日数分の勉強で済むので、楽に続けられた


確かにこれは(後で詳しく書きますが)私の体験でもその通りと言えます。
メールボックスを開けさえすれば毎日確実に学習でき、数分で済みます。

 

 

知らないうちに英文法を構造的に勉強できていた


これもその通りだと思いました。
最初は、正直言って簡単すぎる〜という部分もありました。けれども、文章が長くなるにつれて読めなくなる人は、どこかに文法理解の穴があるはずです。その穴を見つけるには、講座を毎日確実に受けること。あるとき「ここだ!!ここがわかっていなかった!!」と、出会えるんです。

 

 

英語は暗記するものではなく、理解すると身につくものなのだと実感しました。


暗記するのではなく、理解するもの・・・確かに、文法は深い理解がないと、ちょっと複雑になったとき応用が利きませんね。なるほど〜と思います。

 

一方で、この講座を受講するのをためらっている人の意見は、このようなものです。

 

参考書などの教材より高い。どれだけ効果があるのか心配。


確かにそうですよね。割高なのに、自分にとって効果が高くなければもったいないと考える方は多いでしょう。

 

この点は、私も少し悩みました。
ただ、英文法に苦手意識がある自分は、ここをどうやったらラクに続けられるかということが大事だったので、思い切ってやってみようと思いました。
これ以上、英会話教室に行っても文法は補えないし、文法専門の学校もないし、あったとしても絶対この講座より費用が掛かるに決まっています。

 

 

私も『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』体験しました

 

動機は、初めて受けたTOEICのスコアが思ったより低かったことです。特にリーディングセクションがひどい!

 

英会話教室ではそこそこ上のクラスに入れていたのですが、TOEICを受けてみたら、スコアはたったの600(泣)。
どうやら、私の場合、会話はやりとりできても、文法がしっかりわかっていなかったんです。

 

もう少し取れると思っていたので、自己嫌悪になりしばらく落ち込みました。

 

 

特に、TOEICリーディングセクションのうち、Part5がひどい成績でした。
そのほか、長文読解も時間が足りずスコアが伸びませんでした。

 

そこで、文法部分を何とかしたいとネットを探していたら、この『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』に出会ったのです。

 

 

英文法嫌いが続けられる勉強法とは?

分かる解ける英文法,評判,口コミ,TOEIC

きっと、英文法が苦手な人はわかってくれると思うのですが、英文法が嫌いな自分は、文法の本を開くだけでもちょっと気が重いんです。
「今日はいっかあ。明日にしよう」と、ついつい先延ばしになっちゃうんですよね(苦笑)。

 

それで、こんなずぼらな自分でもできる方法がないかと、ネットサーフィンしてたんですね。
で、半強制的にできる方法はないかと思っていたところに、『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』を見つけたんです。

 

これは、2か月の間、毎日メールで文法を教えてくれるということだったので、これなら文法から逃げていた自分にも続けられるかもと思いました
自分で教科書を開かなくていい、メールチェックするだけで勉強できちゃうんです。しかも、内容はほんの数分で終わります
もっとも、よくわからない日は少し時間がかかりましたが。

 

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』の鈴木先生ご自身も昔英語が苦手だった!

 

もうひとつ、これはいいかもと思ったのは、この講座を作った先生自身も、学生の頃は通知表の成績が2だったということで、そういうところにも共感してしまいました。学生の頃の経験で、なにがわからないのか、つまづく人どういう考え方なのか、そのパターンが分かっているというところに納得しきり。
金額のことで少し悩みましたが、継続のため、と思い、試してみることにしました。金額が高いけど、教科書を開くあの苦痛から逃れることができる、と自分を納得させスタート。
悩んでのスタートでしたが、後になって思うに、ここでの決断はよかったと自分でも思っています

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』は、全56回+αのうち、1・2・39・40号が無料サンプルとして公開されています。
こちらのページの「受講内容」というところに、無料サンプルを受け取る方法が書いてありますので、探してみてください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


 

 

『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法』受講開始!

 

品詞の解説から始まる

 

まずは、品詞の開設から講座がスタートしました。
私の場合、最初の1週間ほどは特に苦労なしで過ぎました。

 

これは全部わかる!とお気楽に思っていましたが・・・

 

2週目前置詞に入り、ぼやっと理解しているだけだとダメだと自覚

 

前置詞、従位接続詞、受動態と進んでくると、理解できていないところが出てきました。

 

「forだっけ? toだっけ?と思ってたけど、そうだったんだ!」
「ifかな?それともthatかな?というときは、そう考えるといいんだ!」
「forのあとにthereが来るなんて知らなかったー!!」

 

と、目からウロコの毎日でした。

 

特に前置詞は、日本人にはとてもわかりにくい分野です。
英語がかなり得意な人でも、前置詞の使い方は、ネイティブに確認するほどらしいです。

 

補助テキストを読んで納得したのですが、日本語のイメージで前置詞を覚えてしまうと、間違ってしまうんですね。理由がよーくわかりました。

 

 

 

「文法がいまいち苦手」
「文法の勉強が面倒でついつい先延ばししてしまう」

 

というあなたにオススメ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
中学時代の通信簿2でも1年でTOEIC 900!